linenSupply01.png

リネンサプライとは

一般的なクリーニング業とは違います。
最大の違いは、武蔵屋がリネン製品の在庫を持つ点です。すなわち、リネンサプライのサービスとは、武蔵屋が用意したリネン類を、お客様に対して貸し出しをすることを言います。

お客様はリネン類を購入する必要がありません。
武蔵屋は、使用済みのリネン類を、定期的に回収、洗濯仕上げをして納品。
このサイクルを繰り返すとともに、補修や補充も行います。

linenSupply02.png

リネン製品とは

「リネン」とは、亜麻の繊維を原料とした織物のことで、日本では、一般的に麻製品全般を指しています。その歴史は、人類最古の繊維と言われるほど古く、天然素材の中でもたいへん上質で高級な素材と言われています。
また、丈夫で、肌触りも良いため、昔からシーツの寝具類や、レストランのテーブルクロスなどにもリネン素材が多く使われてきました。

やがて、長い歴史の中で、シーツや枕カバー、タオル、パジャマなどをベッドリネン、テーブルクロス、ナプキンなどをテーブルリネンと呼ぶようになりました。

今では、麻に限らずそれぞれの用途に最適な素材として、綿や化学繊維が使われるようになり、素材に関係なく、これらを総称して「リネン製品」と呼んでいます。

linenSupply03.png

リネンサプライの特徴・メリット

投資の節約
お客様は、リネンの購入資金をほとんど必要としないので、本来の業務やより重要な設備への投資や、資金運用が可能となります。
管理作業の軽減
リネンの購入、交換、補充、クリーニング、補修、保守などは、すべて武蔵屋が行うため、お客様はこれらの業務に関わるご負担を大幅に軽減できます。
安心・安全を提供
武蔵屋は、管理者の国家資格取得業務(クリーニング師)、工場施設・機械設備等の適切な配置のもと、衛生的で適正な処理を徹底しています。
環境に貢献
消耗リネン製品は、形・用途を変えて、再利用されています。 排水処理でも、水のリサイクルなど、環境に十分配慮した対応を行っており、完全リサイクルも可能です。

リネンサプライサービスの流れ

(1)契約

linenSupply05.png

お客様と武蔵屋が契約。お客様のご要望を詳しく伺い、リクエストに沿った種類、サイズ、数量のリネン類を武蔵屋が準備。数量は業務に適したシフト数を用意。

(2)入荷・仕分け

linenSupply04.png

回収したリネン類は、専門のリネンサプライ工場に入荷。シーツや枕カバー、布団カバー、タオル類など、品種別に仕分けされます。

(3)洗い・脱水

linenSupply06.png

洗いの工程は、専門の大型洗濯機を使用。適切な温度管理、薬剤管理の元で洗浄・脱水が行われます。

乾燥も、専用の大型乾燥機で行います。

(4)仕上げ・検品

linenSupply07.png

仕上げラインでは、プレス加工などの仕上げ作業と検品を、同時に行います。回収したリネン類は、連続的に検品され、不具合を発見した場合は、即座に修理・交換を行います。

(5)出荷

linenSupply08.png

出荷工程においても、お客様にお届けするまでのすべての工程で、徹底した「安心・安全・衛生管理」を行っています。

(6)ご契約先

linenSupply09.png

お客様は、ホテル、レストラン、温浴施設、医療施設、エステティックサロンなど。シーツ、枕カバー、タオル、浴衣、テーブルクロス、ナプキンにも対応します。

工場紹介・RAL認定・日本リネンサプライ協会衛生基準認定のご紹介

工場紹介動画 群馬テレビ様ビジネスジャーナル

businessjournalhalf.png

ドイツ品質保証規格RAL認定(ラル/食品リネン)ならびに、日本リネンサプライ協会様の衛生基準認定をいただいております。

RALlogo.png

RALCERTIFICATE.png

JapanLinenSupplyCertificate2.jpg

☎お電話は下記フリーコールをご利用ください。

※フリーコール受付時間 平日10:00~17:00

freecallsmall.png0800-777-6348

お問い合わせ

corptop-11.png

corptop-12.png

tell5.png

time3.png

corptop-15.png

FAX専用フォームダウンロード

リネンサプライって何? リネンサプライが多くの業界で利用されている理由とは?

昔は、自分の施設でリネン品を管理するのが普通でしたが、昨今は、衛生面はもちろん、コスト的にもお得で便利なリネンサプライの利用が増えています。

ここでは、リネンサプライの基礎知識と共に、支持されているポイントについてお届けします。
是非、リネンサプライの導入を検討されている方は、参考にしてみて下さいね。

linenSupply01.png

リネンサプライの歴史とは?

そもそもリネンサプライとは
リネンサプライと言うのは、ホテルやレストランの運営を行う際には必要不可欠なシーツ・タオル・テーブルクロス・ナフキンなど、必要数だけ美しく清潔なリネンをクリーニング付きでレンタルすることができるシステムになります。
世界では、テキスタイルレンタルなどと言われているこのサービスは、織物などの貸し出しと言う意味になります。ホテルや旅館などの場所で使用されるシーツ・浴衣・枕カバー・バスタオルはもちろん、飲食店で利用するおしぼり・ナフキン・テーブルクロス・調理着・ユニフォーム、他にも、病院施設で扱われる基準寝具などもリネンサプライが挙げられます。
また、基本的にリネンサプライで貸し出した物と言うのは、使用後には回収して洗濯を行い、全て清潔にした上で反復的にお客様に提供しています。リネンサプライを利用する良さと言うのは、リネン品の管理が不要であることが挙げられます。
加えて、リネンサプライの利用によって、様々なコストを抑えられることができる上に、お客様に対しては衛生的なことはもちろん、安全・安心の品質を常に提供することができる良さがあります。さらに、工場設備などの分野においても、大型の商品専用の洗濯機・乾燥機・ロールアイロナーなどを用いてリネンを綺麗に清潔に仕上げているので、作業がスピーディーでありながらリーズナブで高品質なリネン商品をお客様へ常に提供することができます。

リネンサプライのはじまりとは

リネンサプライのはじまりとは
リネンサプライのはじまりは、ハワイ創業クリーニング会社デイベンロイがサービスを開始したことがきっかけです。1950年に日本で支社を設立した後、リネンレンタルシステムを導入したことで、リネンサプライサービスが日本で始まります。その後に行われた東京オリンピックをきっかけとして、ホテルブームが日本で流行し大型ホテルが出始め、リネンサプライの導入が広まっていった歴史があります。
今までのホテルや旅館では、洗濯することが主流となっていましたが、客室増加に伴って施設内洗濯では追い付かなくなってきたことから、大規模クリーニング工場で一括処理するニーズが高まり、リネンサプライが浸透していきます。
その後、日本ではリネンサプライ会社が多く設立されており、現在では多くの施設でリネンサプライは広く利用されています。

リネンサプライが広く支持される理由とは

CS(顧客満足度)・ES(従業員満足度)アップに対するメリット
リネンサプライの利用によって、お客様に満足してもらえるように、施設イメージに合った商品提案ができます。なので、常に安心・安全で高品質のアイテムをお客様へ提供することができます。
衛生改善に対するメリット
リネンサプライと言うのは、一般的なクリーニング店とは異なります。商品に合わせて大型洗濯機・乾燥機・アイロンで綺麗に仕上げ、大量商品も衛生的で均一な状態でお客様へ提供が可能です。
管理に対するメリット
リネン商品管理において、購入・交換・補充・クリーニング・補修・保守など、煩雑な業務をすべてリネンサプライに委託できるので、間接業務軽減に繋がります。なので、様々なコストを節約することができ、その分自分達の業務にしっかり専念することができます。
資金に対するメリット
日々使用するリネンアイテムも、一度に購入するとなると資金が大きく必要になりますが、リネンサプライであれば運用間接コストが削減できるので、自分の業務をはじめ重要設備などへの投資・資金運用に充てることができます。

リネンサプライの利用業種とは?

リネンサプライの主な業務について
リネンサプライを利用する際には、はじめにリネンサプライを利用するお客様と業務契約を結ぶことになります。お客様のホテルや施設のコンセプトなどに沿って、必要なリネン品を決定し、サイズ・種類・繊維資材のコンサルティングを行っていきます。
その後に、お客様が納得できるリネン品を選択し、開店や営業に合わせて貸し出しします。リネンサプライの利用では、定期的な訪問・配送・回収を行っており、回収物はリネンサプライの専用工場で、美しく清潔にリネンのクリーニングを行い、指定場所まで配送を行っています。また、リネン品に関する修理・補充・交換なども行っているので、お客様の負担もなく安心してリネン品を提供して頂くことができます。
リネンと言うのは、本来、亜麻布という意味がありますが、リネンサプライの業界では繊維製品の総称として使用されています。一般的なクリーニングでは、商品を洗うことだけの作業になりますが、リネンサプライになるとリネン品の購入から管理まで要望に応じてサポートすることが可能です。また、使用済みのリネン品に関しては、お客様と回収日を決めてその日に回収を行い、しっかりクリーニングをするのでとても衛生的と言えます。
代表的なリネンサプライの導入先について
実際に、リネンサプライはどのような業種や業界などで導入されているか知っていますか?まず、代表的な施設と言えば、宿泊施設が挙げられます。寝具類やタオルなどは日々大量に必要ですし、他にも、カーテンやテーブルクロスなどもありますよね。古くから営業している施設の場合「施設のリニューアルを機に一式を変えたい」と言うニーズもあり、そのようなニーズにも対応することができることも大きな魅力となっています。このように、ホテルで利用されることをホテルリネンと言います。
また、その他にも病院リネンも代表的な施設に挙げられます。病院では、ベッド・お風呂・トイレなど、日々大量にリネンが使用されていますよね。日本は現在、超高齢化社会が進んでおり、現に現代のおけるリネン品の使用率と言うのは多くなっています。なので、想定している数より多くリネンが必要で、介護用品に関しても現在はリネン品のニーズが大きくなっており、リネンサプライを利用するところが増えてきています。
さらに、飲食業でもリネンサプライのニーズは高いです。飲食業と言うのは、お店ごとによってコンセプトが大事にされますよね。なので、実用品はもちろんですが、ラグジュアリー感やリーズナブル感もリネンの役割です。また、おしぼりもリネンアイテムの一つで、交換は重宝されています。近頃は、チェーン店も多く、大量にリネン対応できるリネンサプライは必要な存在となっています。

ホテルリネンが導入されている理由とは?

ホテルリネンサプライとは
ホテルリネンサプライと言うのは、ホテルの宿泊施設において日々必要な備品、スタッフユニフォームなど、常にリネン類は清潔な状態でなければなりませんよね。しかし、お客様一人一人が維持するには手間と経費もかかりますが、ホテルリネンサプライでは、専門工場で高品質なリネン商品を必要数だけお客様に提供することができます。
また、ニューオープンやリニューアルの際には、初期投資費用も抑えることができるので、洗濯・修繕・補充などの手間もかかりません。使用するリネンに関しては、要望・状況・用途・デザイン性・費用を考慮して準備できるので安心です。
ホテルでリネンサプライを導入するメリット
1.リネンを管理する手間と労力を解消できる
ホテルサプライは、お客様が使用したリネン類やユニフォームなどを定期回収してクリーニングした上で、再び施設へ納品するサービスのことです。ホテルリネンでは、補修や補充も行うので、リネン管理の手間や労力を解消することができます。自社購入や自社管理では難しいとされるリネンの在庫管理や衛生基準統一化、これらを促進させていくことが可能になります。
2.リネンを専用工場で総合的に管理できる
ホテルの客室でゲストがチェックするのは、ベッドまわりのリネン類ではないでしょうか。ホテルのイメージを左右すると言っても過言ではないリネンは、ホテルとして常に高品質の状態で管理することが求められているものです。
リネンサプライでは、衛生基準をしっかりクリアした専用機器でクリーニングが行われるので、衛生面はもちろん品質面も安心な物をお客様へお届けすることができ、お客様に満足してもらえるようなサービスを提案するこができます。

レストランリネンが導入されている理由とは?

レストランリネンとは
レストランリネンと言うのは、レストランで日々必要になる様々な備品や従業員ユニフォームなどが挙げられ、これらのリネン品は常に清潔であることが大事ですよね。自分でリネン品を維持するには、大変な手間や経費がかさみます。
なので、レストランリネンを利用することで、高品質商品を常に必要数だけお客様へ向けて提供することができます。ニューオープンやリニューアルの際には、初期投資費用も抑えることができるので、洗濯・修繕・補充などの手間もかかりません。使用するリネンに関しては、要望・状況・用途・デザイン性・費用を考慮して準備できるので安心です。
レストランリネンでリネンサプライを導入するメリット
1.リネン管理の負担が軽減する
リネン品をレストランで所有していると、リネン品の在庫管理や補修作業などが必要になるので、どうしても人員を割く必要が出てきます。リネン品には、レストラン備品はもちろん、従業員のユニフォームなども含まれますよね。これらのリネン品は多くの枚数があるので、自分で管理するとなるとそれは業務の大きな負担になります。しかし、リネンサプライを利用すればこの負担が減されるので、本来の業務に専念することができ仕事の効率化へも繋っています。
2.確かなクリーニング技術
リネンサプライでは、リネン品のクリーニングを専門的に行います。しっかり管理と手入れが行き届くように、専用の工場で専門スタッフがクリーニングを行います。なので、洗濯した後の仕上がりについても、常に高品質を保った状態で提供することができます。
3.投資の節約にも繋がる
レストラン側でリネン品を全て購入するとなると、それは、とても大きな投資になりますよね。それに、リネン品は常に使用する物で消耗品になるので、古くなっていけば補修や新しく買い替えを行うことも必要で、それらにも費用はかかってきます。しかし、リネンサプライを利用すれば、レストランで使用するリネン品の補修や買い替えもなどは全て事業者が行うので、費用節約に繋がるのはもちろんホテルの新規事業への投資に費用を回すことも可能になります。
4.エコに貢献することができる
頻繁に使用した古いリネン品は、他の製品への再利用になるようになっており、リサイクルにも貢献することができます。また、リネン品のクリーニングで出た排水も、排水処理設備が整っているので、しっかり環境配慮にも力を入れています。自分達でこのような対応を行うことは難しいものがありますが、リネンサプライを利用すればこうした環境に対しても貢献できます。

☎お電話は下記フリーコールをご利用ください。

※フリーコール受付時間 平日9:00~17:00

freecallsmall.png0800-777-6348

お問い合わせ

corptop-11.png

corptop-12.png

tell5.png

time3.png

corptop-15.png

FAX専用フォームダウンロード